top of page
  • 執筆者の写真bookloveru2

エクセルでDeFiの収益計算!入力セルは3つのみ!!



こんにちは。乞食です。


DeFiを利用する際に、1週間で幾ら儲かるかな?


とか、


APRが何%なら、リスクに見合うポジションなんだろう?


と感じることはありませんか?


私はよくあります。なので、Excelで自動収益計算をしてくれるファイルを作成しました。

良かったらnoteからご購入ください。100円です。乞食です。宜しくお願い致します。




以下全体イメージ👇




利用方法は簡単!

黄色セルの3項目を入力するだけです。

【APR(年利)】【LPトークン費用】【割引率】の3つです。


今回はSolanaのORCAというDeFiサービスを例にご説明致します。



【APR(年利)】とは?

APRとは年利のことです。

左記の例では、0.561%×365日=204.765%がこのLPトークンの年利となります。


この時、

「1,000ドルでLPトークンを作ったら、1週間でいくら収益が出るのか?」

を知りたいわけです。


これを自動計算してくれるエクセルファイルが今回作成したファイルです。


因みに、「1,000ドルでLPトークンを作ったら、1週間で21.04ドル収益が出ます。」これはAPR130%の時で計算しています。











【LPトークン費用】とは?

LPトークン費用です。

エクセルの例では、3,000ドルを初期費用としています。

1,500ドルがUSDT。1,500ドルがSolana。

合計3,000ドル分のLPトークン費用となります。

赤枠の部分がそうです。👇

このとき、黄色いセルには片方のトークン価格を入力してください。今回の例では初期費用3,000ドルなので、1,500ドルと入力します。










【割引率】とは?

割引率とは、ここでは簡単の為、「時間による価値の棄損率」と定義します。

下記を見比べてください。

上の段では、1週間当たりの収益が37.40ドルであるのに対し、

下の段では、1週間当たりの収益が31.56ドルとなっています。


これは、「1週間という時間を使って稼いだ金額なので、時間という対価を収益から差し引いた金額が、実際の儲けとする」考え方です。


つまり、使った時間の分だけ、利益を目減りさせるわけです。

その時間の棄損率を入力するのですが、基本的にはここは1%のままで構いません。

正味現在価値や内部収益率という用語に詳しい方は、ここ適宜修正してください。





内部収益率(IRR)などと呼ばれたりします。

不動産投資などを行うときによく利用される考え方です。

気になる方は、過去記事をご覧ください👇







以上の3つを入力すると、下記の様にDeFiの収益額とリスクに見合っているか?の判定が出ます。👇

今回の例では、3,000ドルをAPR130%でDeFiを実行した場合、

1日で5.34ドルの収益。

1週間で31.56ドルの収益。

という結果となりました。



簡単。これだけです。

DeFiを利用する際に、目安としてご利用いただければと存じます。


因みに、エクセルの上部には、ファイルを開くだけで価格を自動取得してくれる関数が入っているので、bitcoin価格なども同時に計算してくれます。

ExcelAPI様の無料APIを利用させて頂いております。

仮想通貨以外のAPIも豊富なので、Excelスキの方にはお勧めです。





以上になります。

では👋




閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page