• bookloveru2

コロナと株価の可視化。

更新日:2020年12月26日

皆様、こんにちは。


前回、『コロナと株式市場(ビットコイン含む)の相関係数と調べてみた。』


で、述べたデータを、今回は別の視点から可視化したいと思います。


※データが古くて申し訳ございません。

 ご要望がございましたら、最新データにてご案内致します。


では、前回同様、

検証期間は「2020年1月11日~2020年8月1日」です。

 

まずは、各国のコロナ新規感染者数と株価指数の同時プロットです。


左上から、USA。

右上、JAPAN。

二行目左列、CHINA。同右列ブラジル。

三行目左列、イギリス。同右列インド。

四行目左列、ロシア。同右列南アフリカ。


となっています。




 

そして、参考までに、下図アメリカ。

         縦軸左(y)コロナ新規感染者数。

         縦軸右(y)アメリカダウ株価。


そして下図、我が国、日本。

         縦軸左(y)コロナ新規感染者数。

         縦軸右(y)日経平均株価。


となっております。※再掲載「2020年1月11日~2020年8月1日」

両国とも、株価暴落時の直後に、コロナ感染者数が急増していることが目にとれます。


下記、インドと、ロシアを見ても近しい傾向があると見て取れます。

これが、何を意味するのか!?


株価暴落の後に、コロナ新規感染者数爆増!?!?!
富裕層は、コロナ分かってて、 先に利益確定売りをしてたってこと!?!?!?

ま、事実そーです。

ウォールストリートジャーナルしかり、その他海外紙面では、

報道されています。。。


誤解を恐れずに申し上げるなら、地球に「平等」という言葉はないものと理解しています。



また、下記の様な累計コロナ感染者数を見れば、不安も増大することでしょう。






 

深刻な金持ち主義の資本主義の中、

各国首脳及び中央銀行総裁は、目の前の

金融緩和を実行します!


不景気は私(総裁とかなんとか)。私(大統領とか首相とかヘタレ)。のせいではないのです!!(´∀`*)ウフフ


頑張れFRB!ファイト!ECB!神風黒田日銀!!!(^_-)-☆


という現実です。



スーパーコロナ便乗です。
気色悪くて、正直、吐き気がします。

では、何故、そんな気色悪いことが許されているのでしょう!?


と、いうか、許したつもりもありません。


ここに、政治と国民の民度が表われてきます。



原因は、金融政策と政治です。

原因は、金融政策と政治です。

原因は、金融政策と政治です。


とりあえず、アタリマエのことなので、三度強調しました。


コロナ禍で、中央銀行が何をしたか (先送り金融緩和)については、追って記事にしたいと思います。


では、また。




閲覧数:22回0件のコメント