• bookloveru2

『クリック数と注文数の関係性』を調べてみた。【Amazonアソシエイト】

更新日:2021年1月1日

皆様、こんにちは。


今回は、表題の通りAmazonアソシエイトにおける、

『クリック数と注文数の関係性』を調べてみました。


アフィリエイトにおいて、

一般的にはクリック数が多い方が、報酬が多くなる可能性が高い。

という考えが浮かびます。


そこで今回は、私のTwitterBotでの『リンクのクリック数と注文数』を調べてみて、

実際に、クリック数が多い日には、注文数が増えているのか?を、検証してみました。


 

目次

クリック数と注文数の関係性の結果報告

グラフと数式

 

❶クリック数と注文数の関係性の結果報告

まず、結果から記載します。

クリック数と注文数の相関係数は、

約0.148。15%程度です。

相関は、ほぼありませんでした。


相関係数は一般的に、


+1 に近ければ近いほど「強い正の相関がある」。

−1 に近ければ近いほど「強い負の相関がある」。

0 に近ければ近いほど「ほとんど相関がない」。


と評価されます。

 

今回の基本統計量および今回使用した実際のローデータです。




 

❷グラフと数式

続いて、散布図です。

平均クリック数:133、平均注文数:0.52なので、

外れ値として、クリック数:223、注文数:8

       クリック数:175、注文数:8

があることが、見て取れます。因みに注文数:8は、両日とも『土曜日』でした。

みんな、土曜日にTwitterを眺めている様ですね(*^-^*)


そして、残念な回帰式がプロットされています。(´;ω;`)ウッ…

今回、散布図上の決定係数が、線形1、指数0.9376、という所が謎でしたが、

この辺はもっと勉強していきたいと思います。

y = 0.0027x + 0.1675 (yは注文数。xはクリック数。)

これでは、1000回クリック数があって、やっと2個(2.8)注文される計算になります。


y=0.2234e^0.0058x

指数予測で見て、1000回クリック数で、ようやく73個の注文数です。

これは、指数で見ているので、あまり期待値は高くなさそうです。


それから、回帰分析表(線形。一つ目の数式)です。

切片はP値が0.48なので、役に立ちません。

クリック数もP値が0.09もあるので、信用は出来ません。

決定係数R^2も0.02(2%)しか、説明できていません。

先程申し上げた、外れ値が影響している感じです。













 


以上からまとめると、

クリック数と注文数に関係性はおそらく、無い!

と結論付けられました。


たぶん、注文した人が、たまたま数点の商品を、一気にポチってるだけなんでしょうね(*'▽')。


では。またね。





閲覧数:59回0件のコメント