• bookloveru2

pythonで株価分析④【上場から現在まで。ドローダウンやリターンを美しく視覚化】

更新日:2021年11月1日


皆様、こんにちは。

今回は、pythonを使用した株価分析シリーズの第4弾です!(^_-)-☆


前回のシリーズ③では、村上ファンドの手法にフォーカスするあまり、

全然pythonが出てきませんでした。


その反省を踏まえて、今回はウルトラ役に立つ❕(・ω・)ノ

pythonコードをご紹介させて頂きます。



 

誰でも、15秒で米国株の分析が出来ます❕(^_-)-☆

しかも、

お洒落すぎるパフォーマンス分析グラフの自動描画(プロット)をお約束します❕(/・ω・)/


気合い十分の内容となっておりますので、ご一読いただければ望外です。

テーマは、対象銘柄の上場以来の株価パフォーマンス分析コードです!!


 

目次

サードパーティ製パッケージをインストール。

銘柄を選択。あらゆる角度から株価パフォーマンスを分析します。

コード一行で高度な株価分析を実現!


 


では、早速行きます!!!

ハイ。ドン!!!


❶サードパーティ製パッケージをインストール。

!pip install quantstats

👇この様な画面が表示され、パッケージがインストールされます。一番下の行に、

Successfully installed lxml-4.6.2 quantstats-0.0.25 yfinance-0.1.55

と表示されれば、成功です。



 


❷銘柄を選択。あらゆる角度から株価パフォーマンスを分析します。



%matplotlib inline
import quantstats as qs

# extend pandas functionality with metrics, etc. pandasの機能拡張
qs.extend_pandas()

# fetch the daily returns for a stock 株式の日次リターンを取得する。
#ここで銘柄を選択します。今回はMicrosoft社を選択します。
stock = qs.utils.download_returns('MSFT')

#Visualize stock performance 株式のパフォーマンスを可視化する
qs.plots.snapshot(stock, title='Microsoft Performance')


👇この様に、上場~現在に至るまでの株価パフォーマンスをグラフ化します。

青色のグラフが、Microsoft社の上場日からの上昇率です。株価ではありません。

赤色のグラフはドローダウンの下落率です。

黄色のグラフは日時リターンです。




 

❸コード一行で高度な株価分析を実現!

#(benchmark can be a pandas Series or ticker) 比較対象の指標としてS&P500を選択。
#各指標及びパフォーマンスを視覚化したグラフを描画する。
qs.reports.full(stock, "SPY")

👇この一行のコードで、上場~現在に至るまでの

高度な指標とお洒落且つ美しいグラフを作成(プロット)

します。



誤解のないよう申し上げますが、(くどい!( ノД`))

下記画像群は③のコード一行で描画されます❕!!!!❕



まずは、各指標が表示されます。

具体的には、対象期間、シャープレシオ、自由度調整済み決定係数、日時上昇率(下落率)、他etc....という具合です。


指標の後に、グラフがプロットされます。

大まかな説明文は画像に表示しているとおりです。

まずは、ベンチマーク(ここではS&P500)に対する、対象銘柄(Microsoft社)のリターン分析です。


次に、統計量を分布として表示。




次に、月次のリターン(%)を一覧として表示。


最後に、リターンを箱ひげ図にてプロットします。



如何でしたでしょうか?❕

今回は、かなりpythonを駆使した株価分析だったと言えるのではないでしょうか❓

(`・∀・´)エッヘン!!


とい、いう事でいつも通り真面目に頑張って記事を書きました。


皆様も宜しければ、上記を利用してご自身のポートフォリオ最適化に役立てて頂ければ幸甚に存じます(;^ω^)


ではでは、また次回に~~~

ばいちゃ(・ω・)ノ


pythonでプログラミングがしたい!! 
pythonを学びたい!という方には、
オンラインプログラミング教室『Aidemy アイデミー』がお勧めです。
ご自身でプログラム環境を用意する必要は無く、サイトへアクセスするだけです。  創業者は東京大学工学部卒の石川聡彦さん。
著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA/2018年)など。  
無料で、お試しもできますので安心です。
お時間ある方は下記リンクを覗いてみてはいかがでしょうか(*'ω'*)



余談ですが、下記書籍に「質の高いコンテンツを届けろ❕」と書いていましたので、今回は珍しく質に気を付けてみました(/・ω・)/よろでしゅ。









閲覧数:787回0件のコメント