• bookloveru2

年利 136%❕❓ bybitでファンディングレートを獲得。金利収入で生きていく。

更新日:2021年11月2日


皆様、こんにちは。


今回は、『金利収入で生きていく方法』をご紹介致します。

当然、法定通貨では、難しいので、仮想通貨を使います(`・ω・´)ゞ


※本記事では、取引所の登録方法や基礎的な仮想通貨の知識は説明を省き、ファンディングレート(FR)で金利収入を得る手法を最短でお届けします(・ω・)ノ


では、早速行ってみましょう!(^^)!




 

目次

ファンディングレート Funding Rate(FR)って何❓

どうやって、やるのか❓

リスクはどのくらい❓

 



❶ ファンディングレート Funding Rate(FR)って何❓


仮想通貨はキャピタルゲインだけが収益源ではありません(*‘ω‘ *)

レンディング(仮想通貨の貸出)や先物の裁定取引、ステーキング、NFTの所有権売買など、様々な方面から収益獲得のチャンスを得ます。


今回は、その中から、今時点で一番ローリスクな手法をご紹介致します。



それは、表題のファンディングレート Funding Rate(通称:FRです)(・ω・)ノ


ファンディングレート(FR)とは、先物市場に置いて、現物との価格が乖離し過ぎない様に、調整する為の金利(端的に言うと、ペナルティみたいなもの)』を表します。


見た方が早いので、とりあえず画像で説明します。👇


上の画像は、仮想通貨の海外デリバティブ取引所の【bybit】です。

赤色の丸で囲った部分がビットコイン【Bitcoin BTC】のFRです(・ω・)ノ


0.1244%と記載があります。

bybitでは、8時間ごとに金利(FR)が付与されます。

つまり、1日あたり3回(8時間×3回=24時間)。


これを計算すると、

1日あたり、得られる金利収入は、

0.1244%×3回 = 0.3732%


更に、これを年換算すると、

0.3732%×365日 = 136.218%

となります。


『これが、FRの年利です\(◎o◎)/!』

ヤバみです(`・ω・´)ゞ

これが仮想通貨です!




で、その仕組みですが、これは先程書いた『ファンディングレート(FR)とは、先物市場に置いて、現物との価格が乖離し過ぎない様に、調整する為の金利(端的に言うと、ペナルティみたいなもの)』となります。


要は、ビットコインの人気があり過ぎて、現物価格がどんどん上昇する期待が強い時、先物市場では、期待の高さが先行し、現物価格より高値で取引されます。


つまり、

ビットコインの現物価格(💲59,500) < ビットコインの先物価格(💲60,004)

という状態です。


これが、乖離し過ぎると、

ビットコインの現物価格(💲59,500) < ビットコインの先物価格(💲62,000)

みたいに、現物と先物の価格乖離が激しくなります


これでは、高値の先物を売りまくると同時に同額の現物を買いまくると、その差額が、そのまま儲けをなり、猿🐵でも、多額の利益を得ることができる様に感じます!

しかし、現実には、そう簡単にいくものではなく、その差分(スプレッド)を狙った取引も多く発生する為、乖離は縮小に向かいます。


その乖離縮小の手助けとなる(ペナルティみたいなもの)FRと言います。


上昇相場👆では、先物価格を現物に近づけるため、ロングポジションに金利支払いを命じる(FR負担:ペナルティみたいなもの)が発生。

ショートポジションは金利受け取り(FR受領:ご褒美みたいなもの)が発生。


下落相場👇では、先物価格を現物に近づけるため、ショートポジションに金利支払いを命じる(FR負担:ペナルティみたいなもの)が発生。が発生。

ロングポジションは金利受け取り(FR受領:ご褒美みたいなもの)が発生。


といった感じです(`・ω・´)ゞ


最初に紹介した画像では、2021.4.12今日現在イケイケの上昇相場の為、ショートポジションにFRが授与されます(年利136%の金利がもらえる\(◎o◎)/!)










❷ どうやって、やるのか❓


では、どうやって金利(FR)を発生させ、受け取るのか!?


簡単です。


bybitに登録して、保有しているBTCを1倍ショートするだけ❕です(`・ω・´)ゞ

これで、法定通貨建てで見ると、BTCを減らさずに、BTCでFRだけ獲得できます(*'▽')

何故なら、既に現物を所有している為、同数のショートポジションを取った場合、法定通貨建てでは、BTCを所有していないのと同じ状態になるからです(※この状態を出るタニュートラル。通称:デルニューと言います)。


bybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybit

https://www.bybit.com/ja-JP/invite?ref=RXB30

Bybitに登録して、$10相当のBTCボーナスがもらえます!特典センターでは、さらに最大$600相当の特典が用意されています。マイ紹介コードを使用して、一緒に取引を始めましょう。 マイ紹介コード: RXB30 https://www.bybit.com/ja-JP/invite?ref=RXB30

bybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybitbybit



因みに、FTXとのFR比較表を貼っておきます。👇







❸ リスクはどのくらい❓


リスクは以下の二点。

①相場が急変した場合、FRの方向が変わる。

②カウンターパーティーリスク(GOX)。


①は、そのままで、受け取れると思っていた金利(FR)が逆さまになり、金利を受け取るはずだったのに、金利を支払う立場に反転することを意味します。

②は、です。


最大の懸念点であるリスクは、②カウンターパーティーリスクです。これは、回避しようがありません。仮想通貨の宿命と思って、諦めるよりありません(*‘ω‘ *)南無



このように、当然の如くリスクは存在しますが、日本円やドルの様な法定通貨と比較して、莫大な金利収入を得ることが出来ることが、仮想通貨の魅力です( ^)o(^ )


法定通貨ベースでは、まず享受できないほどの金利や収益チャンスをものにしてこそ、自由送り人になる機会が訪れます。

ま、普通に事業を興すことが近道と感じる人もいれば、そうでない人もいるはずです。


時代の狭間に落ちているお金を拾うものも良い気がします。(´∀`*)ウフフ


興味が湧けば、お試しくださいませ❕



(´・ω・`)❓?

アタイ何様?


?????????(´・ω・`)??????





私は、無一文のリーマンの乞食だと言うことを今思い出しました。。

死にます。(´;ω;`)ウッ…




ま、いーや。





以上、最短で年利136%の金利収入を得て、生きていく方法をご紹介しました(`・ω・´)ゞ






では、レッツ! Try(´∀`*)ウフフ


pythonでプログラミングがしたい!! 
pythonを学びたい!という方には、
オンラインプログラミング教室『Aidemy アイデミー』がお勧めです。
ご自身でプログラム環境を用意する必要は無く、サイトへアクセスするだけです。  創業者は東京大学工学部卒の石川聡彦さん。
著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA/2018年)など。  
無料で、お試しもできますので安心です。
お時間ある方は下記リンクを覗いてみてはいかがでしょうか(*'ω'*)



閲覧数:1,148回0件のコメント